桜の花の咲くころに。。。

桜が咲く時期に生まれました。愛猫のこと、旅行記、その他いろいろ記録。 ※別のブログから引っ越ししたので、リンク先が正確でない過去記事がありますがご了承ください。

先日は〇回目の誕生日!
(年々誕生日が嬉しくなくなるが・・・)

当日の夜は仕事帰りの夫と待ち合わせてして、フレンチのフルコース♪

ちょっと写真が暗いのですが、肉厚のステーキ! 

柔らかくて、肉食にはサイコーのごちそう。

DSC_0656

食後のケーキ。
レストランのスタッフさんが、「お誕生日おめでとうございますexclamation ×2」と言って持ってきてくれました。

DSC_0661-1

糖質制限中にはちょっと甘すぎたので、半分いただきました。

ダンナさんからのプレゼント。

150410_2344~01

似てる?

IMG_20141025_0086

もともと盛大に祝うタイプではないのですが、
クリスマスイヴの昨夜、ローストチキン(スーパーで買ったもの)は食べました。

ワインもダンナが選んで購入。
北海道産の白ワイン。
がしかし、まるでジュースのように甘すぎて、飲み切れなかった・・・

そしてメインのチーズケーキ!

なんと、ダンナさんの手作り。

141224_2210~02


私は1年前から糖質制限をしているので、市販のケーキにはちょっと手を出しずらく、

以来、折にふれてダンナさんが低糖質のチーズケーキを作ってくれます。

た~くさんいただきました。

まだ半分残っていますが、今日じゅうに平らげてしまいそうです^^



楽しいクリスマスでありますように。。。☆彡

4894172_1856465282_192large
↑2012年。テレビ台もダンナの手作りです。







昨日はソーキチの2回目の月命日。
いつもよりちょっとだけ長く遺骨と語らいました。
だからでしょうか、夢にソーキチが出てきました。


生前はソーキチの夢をよくみました。たいていは私の腕から逃げ出す夢(苦笑)。
でも、亡くなってからはほとんど現れなかったので、さっさと成仏したんだなと思っていました。


さて、昨日の夢。
久しぶりに出てきてくれたのは嬉しいんですが……


なんと、亡くなって土に埋めたはずのソーキチがモコモコと這い出て生き返る話。
よみがえったソーキチは、一応、生前どおりの顔なんだけど、なんとなく雰囲気が不気味。

土から出てきたソーキチは、トコトコと(のそのそ、かな)私に向かってきます。
私はうれしくて、両手を広げて「おいで、ソーキチ!」
(ソーキチは猫のくせに呼ぶと来るヤツだったのです)

でも、それを見ていたダンナに、
「やめろ、ソーキチはもうゾンビなんだ!」
と止められます。

そして、見知らぬ誰かがソーキチを捕まえて、再び土に返しました。


しかし、ソーキチは再びよみがえり、私の方へ向かって歩き、私はダンナに止められ、また埋められ……以下、無限ループ。


どうやら私のもとへ来たいらしい。私に抱っこされるまで、埋められてはよみがえるを繰り返すのかもしれない。

そう思った私は、夫の忠告を無視してとうとう、「おいで、ソーキチ!」と迎え入れます。


ソーキチは私の肩の上に乗り(生前は肩に乗るなんてことなかったけど)、クンクンと私のにおいをかいで、スリスリと顔をすり寄せ、納得したようにピョンと飛び降りました。


そして、バスの中を猛烈な勢いで走り回り(なぜか私たちはバスに乗っていた) 、急ブレーキがかかった拍子に壁に強く打ちつけられ、そのまま息絶えてしまいました。


土に埋められるソーキチ。

納得したんだから、もう生き返ることはないだろう。


そう思って安心したのもつかのま、ソーキチが埋められた場所の盛り土が、またしてもモソモソと動き出し……


……というところで目が覚めました。


夢の中でもいいからソーキチに会いたいと願っていたこの2カ月。


でも、いくら愛してやまないソーキチでも、ゾンビ姿はちょっとなあ・・・・・・。


「もうあきらめなよ。ゾンビの俺なんてイヤでしょ。最後は本当に身体が辛かったけど、今は虹の橋公園で昔みたいに走り回ってるよ。いつかまたここで会おうぜ」


会いたい会いたいと嘆く私に、ソーキチがそう言っていたのかもしれません。


もっとも、現実世界のソーキチはお骨になったので、ゾンビになるような心配はないですね。


GRP_0093
「人間、喰らってやる~~!!」

このページのトップヘ