桜の花の咲くころに。。。

桜が咲く時期に生まれました。愛猫のこと、旅行記、その他いろいろ記録。 ※別のブログから引っ越ししたので、リンク先が正確でない過去記事がありますがご了承ください。

2006年05月

今までは心理学の勉強を中心に、かたわらで英語をやっていたという感じだったけど、英語を使う仕事を始めたのをきっかけに、もう少しがんばってみようかと思い始めています。



語学をマスターするには慣れが一番!
特にリスニングに力を入れろとよく言われます。
目指せリスニング 2000時間。ひえ~~っ!!



以前、「STAR TREK THE NEXT GENARATION」というアメリカの有名なSFドラマのDVDを、大枚をはたいて手に入れました。DVDの枚数、なんと28枚!

2000時間ものリスニングをクリアするには、飽きない方法で挑むのが一番。大好きなドラマなら、自然と何度も見てしまいます。字幕や音声を日本語⇔英語に切り替えて比べながら鑑賞するのも、飽きを防ぐ方法のひとつ。夫に「また見てたの~?」と呆れられるくらい、デッキの中にはいつもソフトが入っています。



でも、これだけでは足りないと思い、リスニング教材として、スカパーでこちらの番組を契約しました。



GLC24時間英語チャンネル



初心者から中級者向けの英会話専用チャンネルです。
ドラマ、アニメ、旅行英語、初級ビジネス英語、英語で寄席、アメリカのクイズ番組等々、バラエティに富んでいます。



特にお気に入りなのが、昔懐かしのアニメ、世界名作劇場が英語吹き替えで見れること! 「不思議の島のフローネ」とか「赤毛のアン」とか。契約前のついこの間まで、ラスカルやってたんですよねー、見たかった。残念っ!



赤毛のアンは、実は日本語でもよく知らないので、もっぱらフローネを見ています。フローネは小さい頃、夢中になって見ていた記憶が。何もない無人島に流れ着いた家族が、色々なものを工夫しながら生活していくのを、毎週、ワクワクしながら楽しんでいました。



ところが、子ども番組だからといって、英語は侮れません。話すスピード、速いのなんのって。・・・・・スタートレックのほうが、まだ遅く感じる。



ホームページからスクリプトやテキストを購入できます。でも、一日に同じ番組を何回かリピートしていて、時間によっては英語字幕で確認できるので、私は特に用意していません。



ほとんど聞き流し専用にこの番組を利用しています。1カ月500円+税。お買い得じゃあありませんか!



このほかにも、外出時にはポータブルMDをバッグに入れてひたすらリスニング。歩いているときや電車で立っているときなどは他にすることがないので、音に集中できます。



興味のあるものと絡ませて、楽しみながら語学を学ぶ。これが一番長続きするみたいです。


あきちゃんの夜な夜な話のあきちゃんさんのところから、バトンを拾ってきました~。



さっそくやりましょう・・・でもこれ、前にやったプロフィールバトンと重なるかも。。。まあ許してください。



①バトンを回す人5人



しょっぱなからですか(笑)。特におりません。
興味のあるかた、持ってて~♪。



②お名前は?



「そこそこ=そこそっこ」です。あるいは、「粗忽粗忽=そこそっこ」と呼んで下さってもかまいません。もう認めよう・・・(^_^;)。
戸籍上の名前との関連はまったくありません。
自分の子どもに、こんな中途半端な名前つける親はいないよね(笑)。



③おいくつですか?



どきっ!
えっと、30代後半。



④職業は?



主婦でーす。
かたわら月に数日、単発で英訳のお仕事してます。まだ駆け出しなので、超カンタンな翻訳しかできませんが。



あ・そうだ!
あきちゃんさん、私も自動車関連の仕事していたことがあります。修理書マニュアルの編集の仕事。自動車の免許さえもってないくせに(笑)、ムボーでした。



⑤趣味は?



テレビ見るの大好き!特にドラマ。でも、今期は夢中になってるのないです。
日本文化。生まれた国の良さをもっと色々知ってみたい。
英語の勉強。もっとレベルを上げたいです。



⑥好きな異性のタイプ



友達には「あんたは面食いだ」とはっきり言われます。
でも、本人に自覚はないです。ちゃんとキャラクターも見てるよ~(^_^;)。



⑦特技は?



校正の仕事してたので、文字の間違い探しは得意です。でも最近、鈍ってきたかな。
他にもあるかもしれないけど、自分じゃよくわかりません。



⑧資格はありますか?



ないっす。資格がないのが悩みの種かも。。。
かろうじて、TOEIC★★点。
自慢できる点数じゃないけど、履歴書に書いちゃってます。



⑨悩みは?



痩せたい。
夫の仕事が忙しいので、身体が心配。
(↑本人は、私が心配するほど気にしてない。それも悩みのタネ)。
今ひとつ自己管理が出来ない。→裏を返すと、他人に厳しく自分に甘い。ついついダラダラ過ごしちゃうんだよね~。



⑩好きな食べ物と嫌いな食べ物



好きなものは炭水化物。ご飯、麺類、パン、プリン。



キライなものは・・・納豆、酢の物、いんげん豆。そのほかにもいっぱいあって思いつかない。



⑪あなたの愛する人に一言



あなたは私にとって最高の人です。



⑫バトンを回す5人の紹介



受け取っていただける方、コメントにひとこと入れてくださると嬉しいです。



お疲れさまでした~♪。


Mental Circus 時代に勉強した統一場心理学の活動をやめてしまったのは今年の2月。



当時、いつかは統一場心理学を仕事に・・・と考えていた。実際、その一歩手前まで行っていた。



やめた理由は色々あるし、個人的なことも含むので多くは語れないけれど、気持ちが整理された今、改めて自分を見直したとき、やはり「家族」をとった気持ちが大きいのかなと思うときがある。



家族といっても、うちには夫と猫のソーキチしかいない。時間はたっぷりあるし、家のことと両立だって不可能じゃないと、端から見たら思うかもしれない。夫も好きなようにしていいと言ってくれていた。



それでも家族を選んだ。そしてその選択は間違いじゃなかったと感じている。



夫の帰りが毎晩遅い。今に始まったことではないが、最近は特にひどい。毎日のように終電、夜中の1時過ぎに帰ってくる。どうしてこんなに遅いの、と面と向かって責められない。飲んだりしているわけではなく、純粋に仕事だと知っているから。同じ職場にいた私には、彼の大変さがよく分かる。それでも、土曜出勤さえもしている彼を見て、会社は私の夫を殺す気か、と憤りを感じるときが多々ある。



彼が眠るのは当然、2時とか3時とかになる。そして朝は8時には出かけている。明らかに寝不足だから、朝食は食べない。というか、体が受け付けないらしい。昼ぐらいは外に出たいといって、お弁当も持っていかない。



そんな風だから、私としてはせめて夕食ぐらいしっかり食べてもらおうと考える。だから彼が帰るまで起きて待っていて、彼よりも遅い時間に床に就く。当然、朝は早く起きられない。



とてもじゃないが、夫の生活に合わせながら仕事と家事を両立するなんて、私には無理だ。もちろん、超がつく忙しさの彼に、家事のシェアを頼んだって、実行できるわけがない。
(と言いつつ、朝のゴミ出しは進んでやってくれてる。助かってます)。



今の生活に不満はない。忙しいからといって給料があがるわけではないけれど、それでも私は自由気ままにやらせてもらえて、心から感謝している。夫の身体は心配だから、食事を気をつけたり、なるべく話し聞いてストレス解消の手助けをしたいと思っているし、彼がグチを吐き出せるのは私しかいないという自負もある。私自身がそうしたい、と強く願っている部分もある。



それでも・・・統一場心理学はやめてしまったけれど・・・ホンネを言うと、私には他にやってみたい仕事がある。そして今、その目標に向かって年単位の準備を始めた。でもその仕事、数年後には果たして実行できているのだろうか?



リアルな世界の多くの人は、私が仕事も家事もバリバリこなせるタイプだと感じるらしい。



でも実際は違う。私はとても不器用で融通のきかない人間。片方に夢中になると、片方がどうしてもおろそかになる。その落差は激しい。もしホンキで仕事を始めたら、家事は絶対にこなし切れない。そして、そんな自分が許せなくなってしまうかもしれない。



ときどきこんな風に、見えない未来に迷うことがある。毎晩疲れて帰ってくる夫の姿を心配しながら、こんな生活がいつまで続くのだろうかと、かすかな不安を感じてしまう。



久しぶりに単発の仕事が入ったので、いつもより早起きをした。今、洗濯機を回している。これから干して、夕食の下ごしらえをして・・・。今日は午後からだから良いけれど、もしフルタイムでしかも毎日働いているとしたら、どうなるのだろう。そう考えたら、PCに向かわずにいられなくなった。


日曜日、川崎の生田緑地公園に行きました。



まずは青少年科学館でプラネタリウムを楽しみました。Mental Circus時代にも紹介した投影機メガスターⅡが有名です。この投影機、川崎出身の大平さんという人が個人で作ったものですが、大平さんは、雑誌の付録の家庭用プラネタリウムの監修もしている人。



窓口で双眼鏡を貸してくれます。双眼鏡で見るに耐えられるほどの星の数ってことですね。



天の川がきれい。ほうき星も見えました☆彡



思わず、「うわーっ!」と叫んでしまいました。



昔はこれくらいの天の川が信州でも見れました。よく屋根に寝転がって星を眺めたナー。高校時代の一時期に天文部にいたくらい星は好き(でも知識は皆無に等しい)。



解説のおじいさん、話し上手でした。子どもたちに、そして大人に、語りかけるように話してくれるのです。



お台場にある「メガスターⅡコスモス」のほうが星の数は多いそう。ギネスにも載ってるんだって。あ~行きたい!



でも・・・ホンモノの星空よりプラネタリウムのほうがきれいだなんて、ちょっと寂しい気もするなあ。



メガスターⅡついての詳しい情報はココ



星を見たあとは、ソフトクリームをほおばりながら公園内を散歩しました。都会にこんな自然が残っているのはちょっとオドロキ! 夫がカメムシを見つけて喜んでいました。



生田緑地公園内では天体観測会とか科学クラブなんかもあります。以前、ここで天体望遠鏡越しに太陽の黒点を見ました。



野鳥観察小屋なんかもあります。とりぱんを読んで以来、野鳥に興味のあるそこそっこ。次は野鳥図鑑片手に行ってみようかな。



とっても健康的な一日でした♪。




何かと「プチ」をつけるのがお気に入りの今日この頃ですが・・・(^_^;)。



それはともかく昨夜の出来事。



夫の仕事帰りが夜の10時ごろでした。いつもに比べて、これでも早いほう。



仕事から戻った彼はお風呂に直行。私はその間に夕食の準備。といっても、私はいつも先に食べてしまうので、彼はひとりで食事をするわけですが。



お風呂から上がった頃には食卓ができあがり、さぁおあがりて(注:南信州弁)と私が言おうとしたそのとき、



「あ、誰か来た」



と、夫が玄関に向かいました。



うちにはインターホンというものがありませんでして、訪問者は重い玄関の扉を手で叩くのが常です。でも、ネコのいる我が家の玄関は2重扉になっていて、ときにノックの音がわからないことがあります。しかし玄関に近かった夫には何か聞こえたようでした。



こんな時間に一体誰だろう・・・。



なんとなく不安を感じつつ、夫が戻るのを待ちました。やがて中扉が開き、大きな袋を持った夫がニコニコしながら・・・・。



花屋さんからのお届けものでーすヽ(^o^)丿」。



Flower4thaniver











私 「・・・・・(◎o◎)!



結婚記念日だーっ!



誰か来たなんてウソ。彼のお得意のサプライズだったのです!







ところでみなさん。
すでにお察しのことと思いますが・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







はいそうです、私は忘れておりました。昨年に引き続き夫の誕生日に引き続き忘れておりましたおりましたおりました・・・



ところが幸か不幸か、その日の夕食メニューはいつもより彩りよくちょっぴり豪華で(見た目だけだけどね・・・)、食卓を見た夫は、てっきり私が覚えていたものだとばかり思ったようです(~_~;)。
もちろん、それはただの偶然だという言うことを正直に白状しました、スミマセン・・・。



二人でワインをあけて、「おめでとう、これからもよろしくね」。
ワインも夫が買ってきたもの。本当によくデキた亭主です。しっかり感謝しなければっ。



ところが乾杯をしたとき、彼がひとこと。



「・・・・何周年だっけ???」



4周年ですっ! ←これは覚えていた。



やっぱり似たもの同士かなー(^_^;)。




このページのトップヘ