桜の花の咲くころに。。。

桜が咲く時期に生まれました。愛猫のこと、旅行記、その他いろいろ記録。 ※別のブログから引っ越ししたので、リンク先が正確でない過去記事がありますがご了承ください。

2007年05月

葛飾区郷土と天文の博物館プラネタリウムがすごいと、数ヶ月前に新聞記事で知り行って来ました。



宇宙空間を再現したCGが天球に映し出されます。画像が動くと、まるで宇宙旅行を体験しているみたいに体がふわっとして、臨場感があります。場内からも歓声があがりました。こりゃすごいっ☆彡!



地球を出て宇宙空間から太陽系を眺め、太陽の中や土星の輪の中にも入りました。太陽の炎って迫力。土星の輪は小さな塵の集まりなのですね。



アンドロメダ大星雲まで行きました。999を思い出す・・・。さすがに哲郎やメーテルは出てきませんでしたが(^.^)。



途中で何度も眠くなりました。BGMが眠気を誘っていたせいもありますが、宇宙空間ってなんだか安らぐみたいです。宇宙ってやっぱり人類の故郷なのですね。星座の説明にいたっては爆睡^^;。CGはともかく、プラネタリウム投影機の星の数ではメガスターにかないません。



他の展示物でもおもしろいものがありました。私たちが夢中になったのが、昭和30年代の住居を再現したコーナーです。こちらで写真が見れます。実際に部屋の中に上がって見たり触れたりすることができます。庭も再現されていて、井戸なんかもありました。当時のおもちゃや雑誌もあり、夫は剣玉に夢中(笑)。



小さい頃に大好きだった「サザエさん」の原作の世界そのものです。この時代にはまだ生まれてなかったのに、なんだかとてもノスタルジー。



予想以上に葛飾の小旅行?を楽しんだあと、池袋のジュンク堂まで足を運びました。



ジュンク堂に行ったことがない。というツマの言葉を聞いて、出版社に勤めるオットがビックリ。



「巷の大型書店がダメならジュンク堂へ行け、と言われるぐらいの品揃えだ!」



と力説して連れて行ってくれました。あちこちに椅子が置かれ、くつろいで本を物色できます。今ではさほど珍しい風景ではありませんが、このサービスを始めたのは確かジュンク堂なんですよね。



在庫数はすごいです。語学や心理学のコーナーをのぞいてみたのですが、なかなか手に入らなさそうな教材がゴロゴロしてました。一番びっくりしたのは、新刊や注目本を並べるための平台がないこと。でもだからこそ流行に惑わされずに、本当に自分の求める本を探せるのかもしれません。読者本位の経営方針にちょっと感動。



英文法と心理学の本を1冊ずつ購入して、2時間ほどで退散しました。いつまでもここにいたら予算がいくらあっても足りないです。



久しぶりに長時間家を空けたので、ソーキチは少しスネ気味でしたが、私たちにとっては、なかなか充実した一日になりました。



博物館もジュンク堂もまた行きたいな~~(^^♪。


ダンナが胃の内視鏡検査を受けました。



初めての胃カメラだったわけですが、麻酔を注射されて意識がなくなり、目覚めたら検査が終わっていたそうです。



私もかなり昔に胃カメラを飲みました。 母も飲んだことがあります。 友人もやったと言ってました。



でも、みんな飲み薬で喉を鈍感にするくらいで、 意識がなくなったという話しは聞いたことがありません。



こういう検査の仕方、あるんでしょうか!?



眠っているうちに終わるなんてうらやましい。私は相当辛かったぞっ!



そういえば、うちの亭主はMRI検査で爆睡したツワモノだった。。。。



(ちなみにMRI検査で麻酔は必要ありません)。


祝・ソーキチ脱エリザベスカラー!



お祝いに新しいカラーを贈りました。・・・・えっ!?



070520_14110001  つまり首輪ですね。脳幹活性ペンダントイフを装着するためです。人間用に2つめのイフを購入したとき、OrangeCafeさんがプレゼントしてくださいました。



 赤地に星の模様。パールピンクの鈴付きです。 



 元ボス猫にはちょっとファンシーなデザインかもしれないけれど、かなり気に入っております。特に鈴。心地よい響きが気持ちをなごませてくれるのです。ソーキチの姿が見えなくても、鈴の音で所在や動きがわかるのも安心です。



慣れたとはいえ、エリザベスはやはりかなりのストレスだったようです。しゃがれ気味だった泣き声が、張りのある声に戻りました。体重が減った分、軽々と高いところへ登ります。元気全開(^o^)♪。



ソーキチのエリザベスがはずせたので、さっそく餌やり器をセットしてお出かけしてきました。もうひとつお祝いごとがあったのです。



結婚記念日5周年です。
覚えてましたわ、おほほほほほほーっ!



夜、夫の草野球のメンバーがお祝いしてくれました。



今年の夫は野球に夢中。記念日当日の午後も試合がありましたが、私は家でお留守番。ショートを守り大活躍だったとみな声をそろえて教えてくれましたが、ホントかなあ。



チームメンバーの中には、結婚前の職場でお世話になった私の元上司や仕事仲間もいます。結婚パーティにも参加してもらった人たちなので、昨夜の集まりは久々の同窓会という感じで懐かしさひとしお。ソーキチも元気になったし、次の試合は観戦に行かなくちゃ。



070520_08180001  義母からのお祝いが届きました。結婚記念日にふさわしい豪華なアレンジに感激です。



 


ここのところ引きこもりに近い生活を送っていたせいなのか、それともこの不安定な陽気のせいなのか、どうも最近、過去の嫌な記憶ばかり思い出すようになっていました。夢のなかでその記憶がよみがえり、泣きながら目覚めることもありました。



外の天気とは裏腹に、特に昨日の私のこころは大きく荒れ模様。そんななかふと、過去の自分に手紙を書いてみようと思い立ちました。



私を責めたあの人に、本当は言ってほしかった言葉。



自分ではどうしようもできなった、愛する人との別れ。



粗末な扱いに抵抗できなかった自分の弱さ。



思うままに綴るうちに記憶がとめどなく溢れて、涙がたくさんこぼれました。耐え切れなくなって、夫にすがって泣きました。



泣きやんで少し落ち着いた頃、辛い思い出たちが私に向かって、「ごめんなさい」と謝ってくれたような気がしました。その姿をイメージのなかで見たとき、こんな気持ちが湧き上がりました。



謝ってくれるのは嬉しいけれど、でも私の過去は戻らない。苦しんだ日々を逆戻りしてやり直すことはできない。辛いけれど、後悔もいっぱいあるけど、嘆いているだけでは始まらないことに、今やっと気づいたよ。



そして手紙の最後にこうしめくくりました。



過去の大嫌いな私へ。
あんなに頑張ってきたのに、嫌ったり責めたりしてごめんね。あなたが悪いわけじゃなかったのに、あなたはただ一生懸命だったのに、それをわかってあげられなくてごめんね。



過去の頑張った私へ。
あの辛い状況の中で、よく頑張ったね。よく命をつないだね。愛と自信をありがとう。支えてくれてありがとう。



自然に出てきたこの言葉をしっかりと胸におさめた瞬間、心のざわめきがおさまり、穏やかな気持ちになることができました。



未来の私へ。
これからもよろしくね!


昨日はダーリンの誕生日でした。今年はちゃんと覚えてましたよ~~これでなんとか鬼嫁脱却かな♪。



平日だったので特にお出かけナシ。でもせめていつもより手間をかけたメニューでお祝いしたくて、久しぶりにロールキャベツを作りました。形が崩れることなく、なかなかよい感じで出来上がりました。



チーズケーキ(これは買ってきた)も用意しました。「ごちそうができてるから早く帰っておいで」とメールを打ったら、ルンルンしながら帰ってきました。かわいいねえ・・・(笑)。



財布をプレゼントする約束をしていたので、今日の夕方、二人でデパートへ出かけることにしました。ところが間際になってソーキチの様子がおかしいことに気がつきました。浴室に入ったまま出てこようとしないのです。



近寄るとおびえたような目をしてさらに浴室の奥へ入ってしまいます。無理やり抱っこをして居間へ入れると今度は押入れに逃げこもうとします。どうやら私たちを怖がっている感じです。



例えば見知らぬ人が部屋に入ってきた、私が激しくソーキチのしっぽを踏んだ(たまにあるんです-_-;)など、なにか引き金があっておびえるのならわかるのですが、心当たりがまったくありません。



なぜ?どうして? 
私の背後になにか怖いもの でも見たのでしょうか・・・(;一_一)



怖がり方が尋常じゃない気がしたので外出は急遽中止。「何が怖かったの。大丈夫だよ、一緒にいるからね」と声をかけて身体をなでると、やがてソーキチは眠ってしまいました。



夜になっていつもの様子に戻ったソーキチを見て夫が言いました。



「ソーキチ、病院に連れて行かれると思っておびえてたんじゃないかな」



・・・・なるほど。



手術以来、土曜日になるとソーキチを病院に連れていってました。しかも担当医の都合で、出かける時間はいつも夕方。



今日は土曜日。そして私たちがいそいそと支度をしていた時間も夕方で、ソーキチを病院へ連れて行く時間とほぼ一致していました。



だからおびえてたのか~~ナットク。動物の体内時計ってすごいっ(◎o◎)。



プレゼントを買いに行けなかったのは残念ですが、今日の夫は買い物よりお昼寝の方がよかったみたいで、結果としては「まあそれでもいっか~」って感じです。


このページのトップヘ