桜の花の咲くころに。。。

桜が咲く時期に生まれました。愛猫のこと、旅行記、その他いろいろ記録。 ※別のブログから引っ越ししたので、リンク先が正確でない過去記事がありますがご了承ください。

2007年07月

すっかり更新をご無沙汰していたら、いつの間にか梅雨も半ば。ここのところ晴れたり降ったり、湿気も多い時期になっています。



毎年この時期は、昔に患った頚腕症候群や、頚椎ヘルニアの影響で肩がうずいたり頭痛がひどかったりします。特に気圧の変化に敏感で、雨が降りそうになるとものすごく痛むので、そこそっこの天気予報は百発百中でした。



ところが今年は痛みで寝込むことがありません。夫も、「今年は痛いって全然言わないね」とびっくりしています。



これは多分、以前に紹介したペンダントのおかげじゃないかと思います。最近はリハビリにもまったく行ってないので、それしか思い当たらないのです。



ほとんどつけっぱなしです。お風呂に入ったあとや汗をかいて不快なときにはずすのみです。



しかし、「なんか肩の調子が悪いな~」と感じるときは、たいていペンダントをつけ忘れているときだったリします。



もちろんヘルニアが治ってしまったとは思わないし、まったく痛みがないわけではないのですが、例年に比べてかなり軽減されているので精神的にもラクです。



それでも痛みの一番の敵は「睡眠不足」です。睡眠をきちんととった上でこのペンダントを使うえば効果倍増なのかも。もっとも、どうしても睡眠不足で仕事に行かなくてはならないときなどは、「ペンダントがあるから大丈夫!」とお守りのように扱ってます。



ソーキチも同じペンダントをつけて生活していますが、彼はどう感じているんでしょうね。



少なくとも私たちが見ている限りでは、一時期ワクチンの副作用を心配したものの、すっかり回復し毎日元気に走り回っています。ガンの発見前より元気でうるさい(!)くらいです。体重も増えて体が丸みを帯び、表情にも野性味が戻ったような感じさえしています。



このまま効果を示してくれると嬉しいです。


友達が送ってくれました。



Godeye_1  



 ハッブル望遠鏡が撮影した「神の目」と呼ばれる写真だそうです。
 クリックして拡大してみてください。本当に目みたいでしょ?(@_@)



この目を見つめると、7つの願いが叶うそうですが・・・。



人間は仏壇・神棚・マリア像・キリスト像などに向かって祈ります。イスラム教やプロテスタントなど、偶像崇拝しない宗教もありますが、ムスリムは聖地の方向へ向かって祈ります。



無宗教のそこそっこですし、うちには神棚も仏壇もありません。でも私も何か祈る対象が欲しいと思っていました。そのほうが気持ちが引き締まるような気がするからです。



宗教がなければ森羅万象をつかさどる宇宙へ祈りたい・・・!



そんな風に思い、宇宙の写真をどこかで手に入れようと本気で考えていた矢先、この写真が私のもとへやってきたのです。



びっくりするくらいのタイミングで送られて来たわけです。



これは何かに導かれていると感じました。7つの願いの真偽はともかく、さっそくプリントアウトしてフォトスタンドに入れ部屋に飾り、毎日お祈りしています。



写真をもらった翌日、さっそく嬉しいことがありました。数ヶ月前に仕事で請けた翻訳案件の品質が良かったらしく、ぜひまたお願いしたいとのメールを担当者からいただいたのです!(実はすっかり忘れていた案件でした^^;)


東京国際ブックフェアに、昨年に引き続き今年も行ってまいりました~!一年がたつのは早いなあ。



差し入れを持ってまずは夫の会社のブースへ。ブース内は今年もなかなか盛況でしたが、スペースが少し小さくなっていました。今年は全体的に各ブースのスペースが縮小されたようです。





さて、会場までは夫と一緒に入りましたが、今年の彼は取引先のブースへ挨拶に回らなければならず、私は単独行動です。



ブックフェアの何が一番目当てかというと・・・



洋書バーゲンセール!

ペーパーバックなら厚さに関係なく一律500円! しかも昨年に比べて今年は品揃えが豊富!



毎年なんだけど、洋書コーナーは人であふれかえってます。それでも今年はひとり気楽な会場めぐりなので、しばらくへばりついて物色してました。色々ほしいものはあったけど、けっきょく2冊を厳選して購入。



かなりの時間を洋書バーゲンに費やしたあとは、ブースを回ります。方向音痴のそこそっこ、ひとりで大丈夫だろうか?



とにかく端から見ていけばなんとかなるだろうとひたすら歩きます。けっこう混んでます。



デジタルパブリッシングコーナーの某ブースで、「コンピュータであなたのオーラの色を測ります。」という企画がありました。私のオーラって何色なんだろう、興味津々。しかし1000円という測定料をみてすぐに断念しました。



歩いていくうちに夫の姿を見つけました。取引先の人と熱心に話しをしています。久しぶりに夫が仕事をしている姿を見た感じ。邪魔したいな~、でも邪魔しちゃダメだよね~(←当然じゃ!)



この日の帰り道は、東京ビッグサイトから日の出桟橋まで水上バスを使うことにしました。



070707_17490001
 魚が元気にイブニング・ライズしてました。



  070707_17480001



レインボーブリッジ!
 「踊る大走査線」を思い出します。



070707_17470001_1
 浜松町の町並みが見えてきました。



 所々でビルを建設中。数年後にはこの風景も
 ビルで埋まってしまうのかもしれません。





ソーキチはすっかり元気になりました。ワクチン接種から完全回復まで5日間かかったことになります。これは一体長いのでしょうか、短いのでしょうか。



ソーキチは病気になったとしても、私たちに特別な用事のあるときまでには元気になってくれます。ガンのときも、私の仕事がシーズンオフ中に手術・治療・完治の3段階を乗り越えてくれました。本当に家族思いのネコだとしみじみです。


相手は良かれと思って言ってくれている。



私のためを思ってアドバイスをしてくれている。



でも



ときにその行為に傷つけられることがある。



まっとうな意見なのだろう。正しいアドバイスなのだろう。



でも、境界線に踏み込まれたように感じるのは、



私が未熟だからだろうか。



私はあなたじゃない、あなたと同じようになんかできないっ!



と、相手に向かって叫びたくなる。



そして愕然とする。



私も誰かのことを、同じように傷つけているのかもしれないと。



良かれと思ってやったけど、真意は相手に届いたのだろうか?



もしかしたら、相手の重荷になっただけなのしれない。



“無意識に人を傷つける”とはこのことだ。



人間は本当に罪深い生きもの。



知らぬ間にみんな、誰かを傷つけているのかもしれない。



そしてそれは 人間の性なのかもしれない。



だから、



「ありがとう」だけじゃなく、「ごめんなさい」という言葉も、



心に留めて 生きていきたい。


久しぶりの更新なのに暗いタイトルです。本当は先週の鎌倉アジサイ巡りを書こうと思ったのですが、こちらのほうが備忘録として緊急なので、先に書いていこう思います。



まずは明るい話題から。



昨日、ソーキチの検査に行ってまいりました。
今月で術後3ヶ月たちました。人間のガンは再発5年といわれるけれど、ネコの場合は3ヶ月だそうで、血液検査、尿検査、レントゲン検査を行い、問題がなければこのガンは完治。



そして結果異常なし。片一方になってしまった腎臓もなんとか機能してくれているようです。完治ですね。夫と私はほっとひと安心。頭のおできについても、今回もセーフ。



(でも検査結果で、栄養過多と出てしまいました~。え~??って感じです。でも確かに最近ソーキチは、昔みたいに丸くなってきてる・・・(ーー;)。



そして悪いニュース。



このところ、寝ているときのソーキチがたまによだれを出します。この程度なら人間にもよくあることですが、ソーキチの場合、そのよだれの中に時折血が混じります。



ドクターに報告したら、FIV発症の可能性があるとのこと。



予想していたとはいえ、一瞬、言葉が出ませんでした。



でも、口のなかを調べた限りではさほどひどい様子はみられず、体重も増えているので、しばらくは経過観察です。



元気になったところで、一年ぶりの4種混合ワクチンを打ちました。



昨夜はいつもと変わらずご飯も食べたのですが、食後から元気がなくなり、今朝はぐったりしています。ご飯も食べてくれません。気持ち悪そうな様子。



(でも冷蔵庫を開けると反応します^^;。このへんがソーキチの生命力の強さなのですネ)



こんなにひどい様子は初めてなので気になり病院へ電話で聞いてみましたが、一生懸命ワクチンと戦っているところなので、もう少し様子をみてもらって大丈夫ですよ、と励まされました。



今はさっきよりリラックスした様子で眠っています。



病気を治すために我慢して病院へ行くのに、ここ最近はなぜか帰ると具合が悪くなるので、ソーキチにしてみたら「理不尽だ!」と思ってるでしょうねえ・・・。昨日も診察室で、



うみゃああぁぁぁぁぁぁぁぁ~あ~~あ~あぁぁぁ



と超ロングトーンで怒ってました(泣)。



ますます病院が嫌いになりそうです。これからも3ヶ月に1回は腎臓をチェックするために通院しなければならないのに。


このページのトップヘ